ローソファーの魅力について

わが家では、小さな子供が居るのでいつもローソファーを選んでいます。小さな子供の居る家庭には最適であると思います。子供を少しの間寝かせておくこともできますし、落下などの心配もありません。安心して使えます。ごろんと横になってテレビや新聞も見られるので、とても楽で居心地がよく、家族みんなでリラックスした時間を過ごせます。また、冬場には、そのままこたつにも入ることが出来るという良さがあります。こたつを使う日本人にとって、より合った形のソファーであるとも思います。年中活用しています。重くないので移動しやすく、女性であっても掃除などもしやすいです。気軽に場所も変えられます。机を囲んで並べることで、家族団らんの場ともなっています。居心地の良い場所で、みんなの笑顔が集う場でもあり、よりその家庭にあったソファー選びをすることは大切です。

ローソファーのメリットとデメリットについて

インテリアとしてローソファーを買おうかどうしようかと悩んでおられる方にメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。まず、ローソファーとは、通常のものに比べて高さがひくく、床にそのまま置く感じのものです。このメリットについてですが、部屋が広く見えるというのが最大のメリットではないかと思います。高さが低いことから座っていても床と変わらないためそういう感じになるのです。それからデメリットには高さが低いために座ったり、立ったりする時にあまり楽ではないということです。それから女性の方でスカートを履いているかたは座りにくいなどというデメリットがあるのではないかと思います。また、ひっくり返りやすいという点があるかと思いますが、これは壁につけておくことで解消できるのではないかと思います。このような特徴のソファーですので購入される場合によく考えてから購入されることをお伝えしておきたいと思います。

部屋が広く見えるローソファー

リビングのインテリアの中で特に大事なのがソファです。ソファはリビングのイメージを決定づけるものなので、全体のコンセプトに合ったものを選ぶ必要があります。部屋を広く見せたいならローソファーがお勧めです。ローソファーとは、座面が低めに設定されたソファの事で、畳敷きの和室にも合います。ローソファーを置くことで、目線が低くなり、天井の空間が広がって全体的に開放感のあるリビングになります。同じくリビングに置くテレビボードやラックなどの家具類も、なるべくロースタイルのものを選べばバランスが良くなります。6畳くらいの一人暮らしの部屋だと、ベッドを置くだけで部屋の半分くらいしかスペースが空かなくなってしまうこともありますが、背もたれを倒すとベッドにできるソファベッドを置けば、ベッドとソファを兼用できて便利です。